CHECK

空気から水を作るウォーターサーバーとは?お役立ち情報を初心者にもわかりやすく解説

こちらのサイトは、水道水は美味しくないのでミネラルウォーターを使っている人などに最適な空気から水を作り出すことができるウォーターサーバーのお役立ち情報について初心者にもわかりやすくご紹介しています。
自然界に存在しる空気は水分が含まれていて、これをヒーターで加熱すると乾いた空気と水を取り出すことができます。
ここでは、空気から飲料水を作ることで得られるメリットや設置時間などについて解説しているので参考にされることをおすすめします。

空気から水を作るウォーターサーバーとは?お役立ち情報を初心者にもわかりやすく解説

空気から水を作る装置は、電源があれば材料は空気だけなので電気代やレンタル料を払えば1年365日いつでも使うことができるメリットがあります。
空気から水を作る装置は比較的新しい製品になるので、情報としてはそれほど多くはありませんが、ウォーターサーバーと同じような感覚で使うことができる製品もありますし、常温のみのシンプル構造の製品など色々あるので、各社の特徴を比較して自分たちの生活に合うものを選ぶと良いでしょう。

空気から水を作るウォーターサーバーの仕組みとは?

空気から水を作るウォーターサーバーは、AWGと呼ばれる装置が搭載されています。
日本語では大気水生成装置と訳され、その名の通り空気から水を生成することができます。
AWG搭載のウォーターサーバーは、設置された場所の空気を取り込み、水に変化させたのちに、その水をフィルターでろ過する仕組みです。
空気を水に変化させる方法や、ろ過を行うフィルターや殺菌装置などはメーカーごとに違いますが、基本的に水を作り出す仕組みは変わりません。
設置場所の環境に水の生成量が左右されるので、温度と湿度が高い部屋なら多く水が作られることになります。
天然水などは地中でミネラルが溶けだし味に個性が出ますが、空気から作られた水はミネラルが含まれていない純水(ピュアウォーター)です。
不純物が入っていないものの、口当たりに柔らかさがないため、メーカーによってはミネラルを付与するフィルターを通して、飲みやすいように調整してくれる製品もあります。

世界各国から注目を浴びる空気から水を作るウォーターサーバー

空気から水を作るウォーターサーバーは、その名の通り電気さえあれば飲用水を生成可能です。
メーカーによって方法は様々ですが、基本的には設置した部屋の空気を取り込んで水に変化させる仕組みです。
この空気から水を作るウォーターサーバーは、環境に優しいことや災害に強いことで世界から注目を集めています。
飲み水は、地下水や海洋水などの水資源を消費しますが、地下水をくみ上げすぎると資源が減り、地盤沈下のリスクも上昇します。
また、水ボトルを交換するタイプのサーバーは、ボトルの生産や運送、廃棄の際にCO2の排出が避けられません。
その点、電気を使って空気から水を作り出す方法なら、水資源を消費せず、CO2の排出を少なくすることができます。
災害時には、インフラがダメージを受けて電気や水道、ガスが一時的に止まることがあります。
日本で起きた過去の大地震の場合、電気は止まっても1週間から10日程度で復旧が行われていますが、水道は1か月以上断水が続く場所もありました。
そのような場合、電気さえ復旧すれば水を作り出すことができ、飲用水を確保することができます。

空気から水を作るウォーターサーバーの基本的な精製方法

空気から水を作り出せるウォーターサーバーは、精製を行うことで不純物を取り除き、キレイで安全な水を作り出します。
メーカーごとに安全性を高める仕組みが異なりますが、基本的には最初にエアフィルターを通し、空気中のホコリやチリなどを取り除き、キレイになった空気から水分を取り出す仕組みです。
さらに、空気から生成された水を数枚のフィルターでろ過します。
ろ過された水は、貯水タンクに貯められますが、抗菌・滅菌カートリッジが設置されているので、汚染されることがありません。
使われるフィルターなどの装置はメーカーによって異なりますが、日本の水道水の水質検査基準となる51項をクリアできるようにろ過されるのが一般的です。
貯水タンクの水は、定期循環機能が付いているウォーターサーバーなら、繰り返しろ過が行われ、キレイな状態が保たれます。
UV照射装置が設置されていることも多く、しっかり殺菌されるので安全なお水が時間を問わず利用することが可能です。

空気から水を作るウォーターサーバーの技術は国によって異なる

空気から水を作るウォーターサーバーは、日本だけではなく世界中で画期的なものと人気になっています。
しかしそれぞれの国によって安心して利用できる水の条件は違いがあるため、それぞれこの条件に準じるためにその技術は国によって異なっていることも実態です。
日本の場合には飲料目的で使用する場合、衛生面から様々な面で基準が設けられており、この基準を満たすような作り方が適用されているのが一般的です。
この基準が国により違うため、これらの国ではこれを満たすために様々な技術が導入されており、安心して利用することができるものとなっています。
外国の空気から水を作るウォーターサーバーを利用する場合には、この点に注意をすることが必要です。
特に公共の場で利用する場合にはその基準を満たしていないと様々な問題が発生する危険があるため、使用する前にその内容を十分に確認し、安全性を確保してから利用することが重要な条件となっています。

空気から水に関する情報サイト
空気から作る水

こちらのサイトは、水道水は美味しくないのでミネラルウォーターを使っている人などに最適な空気から水を作り出すことができるウォーターサーバーのお役立ち情報について初心者にもわかりやすくご紹介しています。自然界に存在しる空気は水分が含まれていて、これをヒーターで加熱すると乾いた空気と水を取り出すことができます。ここでは、空気から飲料水を作ることで得られるメリットや設置時間などについて解説しているので参考にされることをおすすめします。

Search